薬といえるでしょう。

アレルギー率

エストロゲンは破骨細胞の働きを抑える作用があるが、エストロゲンは卵胞で作られるため、閉経によって卵胞の機能が消失すると破骨細胞の働きが抑制されなくなり、骨量の減少が進むのであるせいそうちなみに男性で、女性の卵巣に相当する精巣睾丸では、テストステロンという男性ホルモンが分泌される。テストステロンも、それ自体が骨の減少を抑える上に、一部はエストロゲンに変化する。男性は八十歳くらいまで精巣の機能があるから、骨粗鬆症にはなりにくい。
また、エストロゲンは動脈硬化の防止にも関係している。血液中のコレステロールのうち、LDLが活性酸素によって酸化されると、酸化LDLになる。動脈硬化の発症にはコレステロールが関与しているが、エストロゲンには血液中のLDLの数値の上昇を抑え、LDLが血管壁に沈着するのをブロックする作用があるエストロゲンは、悪玉LDLコレステロールより善玉HDLコレステロールの比率を高め、また血管の柔軟性を高める働きがある。
閉経によってエストロゲンが分泌しなくなると、血液中のLDLの数値が上昇し、動脈硬化になりやすくなるというわけである実際、閉経前の女性には、コレステロールが関係する高脂血症や、それが原因の一つになって進む動脈硬化しんきんこうそくや、さらに動脈硬化が原因で起きる心筋梗塞、脳梗塞などの循環器系の病気は同年代の男性に比べてはるかに少ない。ところが、閉経後は男性と同じようにこれらの病気が発症するようになる。高脂血症にいたっては女性のほうが多いという統計もあるアメリカでは、五十歳以上の女性の死亡原因の約三〇パーセントは心臓疾患であるが、に三倍に増加するというデータもある。
その発症率は閉経後ふくじんせんエストロゲンは卵巣と副腎腺でつくられ、その生産と分泌は脳の視床下部によって調節されている。閉経を境にエストロゲンやプロゲステロンがつくられなくなるが、これを薬のかたちで服用し、補おうというのが女性ホルモン補充療法である。女性ホルモン補充療法は、悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げることが確認されている。その結果、冠状動脈疾患や脳卒中などの循環器系の予防に有効であることがわかっているんじょうもともとは更年期の症状をやわらげるための方法として開発されたが、現在では閉経後の病気や障害、を予防する目的でも使われ、むしろ、この目的のほうが中心になってきつつある老化閉経後、何年か経って骨量が減り、老人性膝関節症などの骨の変形性疾患などが起こってからではどういう治療を行なっても変形を元に戻すことはできない。症状が現

症状の改善率が話題になると思います。

薬を飲んだときそのため、そうならないための予防策として閉経前からホルモン補充療法を行なうことが勧められるようになってきたアメリカで生まれた当初のホルモン補充療法は、女性ホルモンのうちでも、合成の卵胞ホルモンエストロゲンを服用する方法が行なわれ、若返りの妙薬として広まった。ところが、乳がんを増やすおそれがあるという報告があってから、その是非は専門家の間で議論の的になった。一九七五年には、エストロゲンの服用によって子宮がんの危険性が一四倍にも高まるとの報告がなされ、それを境にこの療法はいっきに下火になっ一方、エストロゲンで乳がんの増加は認められない、との結果が報告された例もあった。事実、乳がん自体が増加傾向にあった病気であり、特定の事柄との因果関係を解明するのは難しかった。やがて、この問題は黄体ホルモンプロゲステロンを併用する方法が生まれて、一応の解決をみることになった。
現在では、卵胞ホルモンに加え、黄体ホルモンを合わせて服用する方法が一般的になっているこの併用療法によって、子宮頸がんはかえって抑制される。しかし、ホルモン刺激によって乳房が張ることから、それが刺激になって乳がん誘発の原因になるのではないかという見方もある。さらに卵巣がんについては、抑制、発生のどちらにも影響しないと見られているけれども、以前行なわれていたエストロゲン単独の服用に比べると、がん誘発のリスクがはるかに低いことは確かである。功罪を比較すればメリットのほうが大きいことからも、婦人科の専門医の間では、特に家系的に乳がんのリスクのない限りホルモン補充療法を受けたほうがよいと考えられているこの方法によって、女性ホルモンのバランスがとれ、更年期特有の症状が現われることなく、しかも若さを保つことができるからである。
検査することもあります。

免疫システムを整理してみましょう。

症状は乳房にできるしこりです。
ホルモン状態が正常にコントロールされることで、血中のコレステロールが!
がることもない。更年期障害のさまざまな症状、たとえば、ほてり、寝汗、膣の乾燥といった、閉経にともなう障害を抑えることは以前からわかっていた。また、アメリカで11万人の看護婦を対象に十年間調べた結果では、閉経後のエストロゲン投与で心臓病の発症が半分に抑えられたと報告されている女性ホルモン補充療法はシミ·シワ予防にも効く前述したように、女性ホルモン補充療法の主たる目的やメリットは、更年期障害の症状緩和ではなく、閉経後の健康や若さを維持することにある。閉経後の若さ、健康は、すでにわが国の女性の平均寿命が八十四歳を超えた長寿社会にある今、重要なテーマであるまた、骨粗鬆症は、この節のはじめに述べたように、閉経とともに急速に進んでくる。骨からカルシウムが脱灰し、骨がスカスカになり、家の中で転んだだけで骨折する場合もある。七十歳以上の二五パーセントに圧迫骨折があるとも報告されている。

女性ホルモン補充療法は骨粗鬆症の予防にも有効で、ント減らすことができるといわれている閉経時に服用を開始すると、腰骨の骨折を五〇パーセもちろん、動脈硬化も骨粗鬆症も、閉経後の女性すべてに見られるわけではないが、に進行する人は、女性ホルモンが分泌しなくなったことの影響が大きいと思われるし、遺伝的体質が関係しているとも考えられている閉経後にそれらが急速さらに、その背景にはエストロゲンにはまた、皮膚の老化を抑制し、皮膚の柔軟性を高める効果もある皮膚は表皮、真皮、皮下組織から形成されている。

医師もいるこのよう

治療効果を左右します
エストロゲンは、肌のみずみずしさに関係する皮膚のひょうひコラーゲンとヒアルロン酸を保つ働きがある本来、皮膚にはコラーゲンと、弾力組織であるエラスチン、さらに水分がある。それが四十歳を過ぎる頃からコラーゲンの量が減り始め、閉経を過ぎると急速に減ってくる。表皮も薄くなるため、水分は失われ、カサカサし、シワも増えることになる。つまり、皮膚の新陳代謝が衰えてくる。年をとると顔にシミができてくるが、それは皮膚の新陳代謝が低下してくるためである。シミのもとになるのはメラニンという色素で、メラノサイトという細胞でつくられる。メラニンは、真皮の中にある組織が紫外線などによって破壊されないようにするためのバリアの役目を果たしているんちんたいしゃメラノサイトは皮膚の基底層にあり、つくられたメラニンは、周りの細胞基底細胞に取り込まれ、細胞分裂を繰り返しながら上層に向かい、角質細胞になる。
古くなった角質細胞は垢となって剥がれ落ちる。若い頃は約二十八日の周期で皮膚の新陳代謝が繰り返されるが、肌の回復力が低下すると角質細胞がいっまでも剥がれ落ちずに残り、これがシミとなるわけだ。
閉経を境にエストロゲンの分泌が減少することで、女性の肌から女性らしいみずみずしさが失われていくがホルモン補充療法で補うことで、肌にうるおいやみずみずしさ、若さが保たれる。エストロゲンは、エネルギー代謝を高め、エネルギーのレベルを上げて、皮膚のシワやシミをなくすなど、若々しい外観を取り戻してくれる。また、体内でビタミンEやベータ·カロチンのように老廃物を取り除く働きをするこのように、女性ホルモン補充療法は体の中から若さを保ち、閉経後にも美と健康をもたらしてくれる。

病気になる

症状を和らげてくれる働きをします
もう一つ、若さを保つには、脳の若さの維持も重要であるが、エストロゲンは脳の若さの維持にも効果があるということがわかっている。
一九九九年四月にも、女性ホルモンのエストロゲンが閉経後の女性の脳の老化防止によい影響を及ぼすという研究報告が、米国医師会報に発表されたUSA.TODAY紙によると、この研究は、エール大学の主任研究員、サリー·シェイッツ氏のグルプが発表したもので、四六人の女性に簡単な記憶力テストを行ない、高性能の磁気共鳴診断装置MRIで脳の働きを調べたその結果、平均五十一歳の女性では、エストロゲンを投与されたグループと、偽薬を投与されたグループとの間で、脳の血液の流れに明らかな違いが見られた。エストロゲンを投与された女性の脳は、同様の記憶力テストを受けた若い人の脳と変わらない働きを見せたというのである。
エストロゲンは、アルツハイマー型痴呆の患者の精神活動を高めることや、有効であると、ほかの研究家によっても報告されている。
アルツハイマー型痴呆の予防に南カリフォルニア大学で行なわれた三000人を対象にした調査では、長期間エストロゲンを使用した女性では、使用しない女性よりもアルツハイマー病の発症が四0パーセント少ないと報告されている米国医師会報の記事で、シェイッツ研究員は、「これはすばらしい発見といえる。成熟した大人の脳の働きをまだ変えられるということだから。
今回の研究は、年齢とともに低下する思考力や記憶力を維持させたり回復させたりする研究の第一歩になる」と語っていたジ氏も、「エストロゲンに脳の老化を遅らせる効果や、ワシントン大学医学部研究員、スタンリー·ルツハイマー病を予防する可能性があることを公表すべきだ」
アと述べているわが国でも、アルツハイマー病の女性にエストロゲンを投与する治療も一部で行なわれている。軽度の患者では一時的に症状が改善したり、悪化しなかったりする効果はあるが、年単位で見ていくと、やはり多くのケースで進行してくる。予防としての効果は期待できるだろうが、治療となると難しいようである。ちなみにわが国の研究で、女性ホルモン補充療法は、脳の血流量を増やすことや、アルツハイマー病の危険因子と考えられるアポリポ蛋白の血中濃度の上昇を抑える働きなどがあることが確認されている繰り返すが、女性ホルモン補充療法の意義は、ホルモンのバランスを整えて老化を遅らせることにある。

細胞が特殊化してできています。

年齢的には四十代前半から開始し、十五二十年続けるとよいと考えられている。問題は、一人ひとりが長期間継続して行なえるかどうかにある。わが国ではケースが多い11年は続けても、結局、その後はやめてしまうというアメリカでは一九八二年から一九九二年までの約十年間にエストロゲンを服用する女性の数は倍になり、在では、閉経後の女性のほぼ四分の一がエストロゲンを服用しているといわれている現成長ホルモン療法が脂肪を減らし筋肉を増やす。私たちの体にはさまざまの種類のホルモンがあり、成長や代謝に関係している。
それらのホルモンは、年とともに総体的に分泌が低下し、老化の促進にひと役買っている。
実は、ホルモンの低下が遺伝子DNAのテロメアの短縮に関係しているのではないか、という新しい説がぁる総合ホルモン補充療法を行なっているアメリカのPSLE!
研究所所長のエドムンド·チェイン博士の著書『抗酸化への最先端医療法死と老いへの挑戦』コスモスによれば、ある種のホルモンを補充することによってテロメラーゼの働きを促進することは、同博士たちの研究によって明らかになっている、と書かれているこのある種のホルモン
とは、成長ホルモンのことで、同著では次のように述べられている成長ホルモンがもっとも多くのホルモンを刺激することも知られています。
その相互関係は十分に解明されていませんでしたが、アルバニー医科大学ニューヨークでは、テロメラーゼがホルモンに依存することが議論の余地がないほどに証明されました。
この研究はヒトの子宮内膜細胞を用いてテロメラーゼとホルモンの相互関係について調べたものですが閉経前の女性の正常な子宮内膜組織の100パーセントに強いテロメラーゼ活性が示され、閉経後の女性の正常組織の100パーセントは弱い活性しか示しませんでした要約同書ではまた、こうも述べられている。


検査することもあります。 アレルギー率 症状不正出血があ