お店へは秘密という約束で膣内

クリトリスが浮かんで見えるようだ

オナニーとはなんなのでしょうか
男子がクライマックスを迎えて膣内

私は、シャッター音にせき立てられるように、でもゆっくりとブラジャーを下げていく。シャッター音が響くブラジャーが下がる。これ以上下げると、乳首が見えてしまう。でも、ブラジャーの端を持った手を止められない。感覚が鋭くなっている。乳首がブラジャーのカップの端に当たるのがリアルに分かる。乳首に少し引っかかって、カップが伸びている。あとほんの少し力を入れると、シャッター音が響く乳首があらわになってしまう。あっ。小さな声を上げてしまった。
デリヘルの車だと答えるように指示哀ていた

下半身との交流になりますので

思ったよりも簡単にブラジャーが乳首から外れてしまった。こうなることは分かっていたが、もっと時間をかけようと思っていたのか、シャッター音が何度も響く。ここで引き返そうとしていたのか、自分でも分からないけれど、あっけなくとれてしまった感じがした。名前を呼ばれたきり、しばらく沈黙している。何か言って欲しい気がした。とってもきれいだよ。そう言われて、少し安心した。安心してはいけないんだろうけど。

セックスをする男に多いんです

歯を立てないようにする感じでペロペロしてみて。ゴムくツさ。巨チン、ゴムくっさ。でね、初めて男のを口でしながら思ったんだけど、悪くない。俺がペロペロして相手がビクビクする。なんか悪くない、そして慣れると美味しくすら感じる。嬢から我慢汁みたいなのが出るんだけど、むしろ嬉しい!俺は変態なのか?そろそろ入れたい?嬢がローション付けるね。
お店へは秘密という約束で膣内

挿入されている

って言ったからそこは俺がやる。優しくしてね。まず、ローションを付ける前に舐めた。ペロペロしてみた。近くで見ると女のアソコよりキレイだよね。なんか、親近感を覚える。ああ気持ちいいよ、もっとしてぇ。舐めながら、巨根しごいたり玉舐めたりしてたけど興奮する女のアソコより臭くないし、むしろ良い匂いがする。ローションを塗りたくって挿入!やばい!ニューハーフの尻、悪くない!

JKの体を抱き上げ
腰からアンダーヘアへと移っていきます手でヴァギナを

プレイをやることになった

爆乳じゃないと味わえないあの快感が最高なんスって話もあったけど、これじゃオキニのデリヘル嬢がアパート住人の奥さんだった。か。俺の腕の中でアキさんが続ける。アキさんは本名秋菜さん。もともとデリを始めたのは、旦那に内緒で組んだローンが膨らんで、消費者金融に結構な額の借金ができたかららしい。身から出たサビとはいえ、知らない男のモノを扱いたり舐めたりするのは本当は嫌で仕方なかったから、借金さえ返してしまえば1日でも早く辞めるつもりだったんだそうな。だよなー誰も好きこのんで初対面の小汚いオッサンのとか舐めたくないよな。アキさんにすりゃ人生の汚点というか黒歴史なわけで、そりゃ辞めるからって、常連にお知らせする気にならないだろ不倫気分とか言って風俗にハマッてた自分が何だか惨めになった。
でもなんで、わざわざ俺にそのことを知らせに来たんだ?さっき会った時点で、俺はアキさんがアパートの住人だと知らなかったわけで、生活時間帯が違うから敷地内で顔を合わせる機会もそうないはず。というか1年以上このアパートに住んでて、今の今まで知らなかったんだしそういやデリヘル呼んだら。の話って、やってきた知り合いの奥さんを旦那にバラされたくなかったら。腕の中でアキさんが、ゴソゴソと俺のベルトを外し始めた。
セックスマニュアルよりも抽象的な表現が若干多くなるかもしれません

ザーメンが噴き出した

という接尾語をつけてみよう。Mでしょ。と言われるよりM体質でしょ。と言われた方が、なんとなくやんわりしている感じがしないだろうか。どちらに転んでも、頷くはずなので、その了承をもらったらぐいぐいオフェンスに転じよう。大体の人間は、気持ちよくしてもらって嫌な人はいない。であれば、M体質。と言える。Yesと言った後には了承があるのだからぐいぐい攻めるきっかけをもらっているのだから遠慮なく、きなのと、攻めよう。今がチャンスである。
どうされるのが好心は開き、相手のタイプまで此方が誘導しているわけでここからはトレーニングで準備してきたような、妄想を少しづつ現実にし、試合をモノにしていきましょう。その試合の途中では、しっかりこんなにかわいいのにうまい。とか綺麗なのに、上手で気持ちい。とかとにかくポジティブな言葉をぶつけよう。間違ってもM体質だからといって、言葉攻めをしてはいけない。そういうコンセプトであれば良いのだがポジティブな言葉で試合を盛り上げ、最後に此方の感想で気持ちいとか、ポジティブなことを言い続ける。