健康に育てられた子供

薬を守っています

家に帰ってからわかりにくい点があった場合は、電話やFAXで問い合わせることも次回の診察の時にでも遠慮なくお尋ねください。
心配なら早めに来院していただくこともできます。
また病気について理解するためには、疾病別に詳しく取り上げた書籍の記事を見たり、でき、インターネットで情もちろん、わかりに報を検索してみてください。各患者団体の資料を取り寄せてみるなどの方法も有効です。
くいところは医師や看護師に尋ねてください。
治療法についても、これらの情報を参考に、医師と納得がいくまで相談し、自分で治療法を選ぶことが大事です。

治療には家族の協力が欠かせない認知症がパーキンソン病とはっきり異なる点日本では、あまりに病院がこみ合いすぎているために、残念ながらインフォームド·コンセントが十分にとれていないケースもあるようです。ぜひ患者さんが主体となって、よく調べ、よく考え、医師から十分な説明を受けましょう。治療に複数の選択肢があって悩むようならば、セカンドオピニオンを求めるなどの方法もあります。

女性外来は女性のための保健室

女性外来を始めるまで私が銀座に女性のためのクリニックを開いて四年になります。
「女性のために役に立つ仕事をしたい」と思い始めてから三〇年、たと、つくづく嬉しく感じるこの頃です。
やっと本当にやりたかった仕事を始められ私が医学部を卒業した当時は、女性の心身を総合的に診る医療というものが、まだ日本では行われていませんでした。そのため、女性のために直接役に立つ仕事ができる職場として産婦人科を選びました。産婦人科医療の現場はまさに百戦錬磨の修業の場で、あっという間に一五年が過ぎました。
再び「女性のための総合医療を実現したい」と思ったのは、一九九七年に「性と健康を考える女性専門家の会」の発足に携わったことがきっかけです。この会での活動を通じて多くの女性たちと知り合いました。

 

健康という

そして、女性の体をトータルに診ていく医療を実現させるためには、医師である私のほうから、一般の女性に対して働きかけていく必要を強く感じるようになったのです。
低用量ピルが認可された一九九九年には、正しいピルの知識や情報を提供したいと、四人の産婦人科医が中心となってオーキッドクラブを始めました。そして、インターネットのサイトで婦人科疾患に関する悩みや質問を受け付けるようにしました。現在、このHPは月に五〇万件ものアクセスがあり、オンライン外来として七年間も活用されています。ここで取り上げられるさまざまな症状についてバーチャル受診して、その後はじめて婦人科の門を叩けるようになる女性も多いようです。
また、実際の診療の場所も作るように努力してきました。「どんなことでも気軽に相談に来てください」と呼びかけ、今までどの科にかかればいいのかわからなかった女性のための受診窓口を作るようにしたのです。
認知症の患者さんは安心してくれるそこで患者さんの悩みを聞く総合カウンセリングを行い、チーム医療へとつないでいくシステムを作り出すことができました。
二00一年に開設した「女性のための生涯医療センターViVi」では、開設当初から予約の電話が鳴りやまず、あっという間に予約でいっぱいになりました。予想以上の反響の大きさに、多くの女性がさまざまな症状を抱えて悩んでいることに改めて気づかされました。そして、女性が気軽に受診できる医療機関の必要性を痛感したのです。

    1. 治療を続けなくてはなりません。
    1. 免疫システムの反応を助ける赤血球をつくるのを助けるなど
    1. 薬を中心

治療できます。

二00二年には、専門の違う十数人の女性医師やカウンセラーが協力して、女性のこころと体をトータルに診療していく体制を整えました。東京都大田区池上の7ギア·ウィメンズクリニックです。そしてその後銀座に、女性たちのための総合的な健康相談窓口として、「ウィミンズ·ウェルネス銀座クリニック」を開いたのです。現在、このクリニックには、月に三000名以上の女性たちが、健康相談や女性検診に訪れます。婦人科のみならず、内科、心療内科、乳腺外科、泌尿器科など二五名以上の女性医師たちと、カウンセラー、アロマセラピストや鍼灸師、放射線技師などが協力し合って、トータルな女性医療の実現のために力を合わせているのです。しんきゅう女性医療のガイドラインを作りたい私も微力ながら女性外来の開設に尽力してきましたし、多くの医師たちの賛同も得て、最近では全国に女性外来が開設されるようになってきました。しかし、私のこころのなかには一つの危惧がありました。
薬局で普通に購入できるものがある。

薬物療法はエストロゲンを抑制する

というのは、日本ではまだ患者の視点に立った女性のための総合医療の理念も、女性外来診療のガイドラインも整備されていないからです。女性外来には、実にさまざまな症状や病気を抱えた人たちが訪れます。自分の専門の科目だけではなく、他の科の協力が必要なケースも多くあります。幸い、私のこれまで関わった施設では、数人の女性医師やカウンセラー、看護師、薬剤師などが常に協力し合って、トータルに女性を診ていくシステムを作り上げてきました。
しかし、日本にある女性外来のすべてがこのように恵まれた状態ではないのです。「女性外来だから、女性の医師にまかせておけばいい」と誤解され、看板だけは掲げたものの、他の科との連携や他施設とのネットワークもないまま、女性医師がたった一人で孤軍奮闘しているところも多いのです。
女性外来に携わる女性医師たちと会うたびに、「自分たちの持っている情報や経験を、他で女性診療にあたっている人たちと共有して検討し、女性のための医療の理念やガイドラインを確立させなければ」と強く感じるようになりました。そして、これは私一人だけではなく、各地で女性外来に携わる女性医師たちの多くが同じように感じ、連携を希望しているということがわかってきました。
そこで、私は「同じような立場にいる医師たちで手を結んで、一緒にできることはないかしら?」と数人の女性医師たちと手紙やメールでやりとりをしつつ、忙しい診療の合間を縫って会って話し合いました。


認知症がパーキンソン病とはっきり異なる点 医学の専門家 医学の専門家