医者さんにご相談ください

症状不正出血があ

種や民族によって違いがあり、日本人にはA型が多く、欧米人にはほとんどいないというまた、人ちなみに、このときの調査では、ており、その結果はA型であった。
るあの長寿姉妹のきんさん、ぎんさんのうち、姉の成田きんさんの型を調べ二人は一卵性双生児であるので、妹の蟹江ぎんさんもA型ということになミトコンドリアに異常があると、さまざまな病気を引き起こす。関係のある病気として、脳や神経の難病など、すでに数十種類がわかっている。糖尿病の中にもミトコンドリアが原因のものがあることが、矢崎義雄国立国際医療センター病院長や、門脇孝·東大講師などの研究によって明らかになっているまた、最近注目されている、細胞の自殺といわれるアポトーシスでも、それが起きるメカニズムにミトコンドリアが決定的な役割を果たしていることがわかっている。アポトーシスが始まると、さまざまな酵素がミトコンドリアから飛び出し、細胞を攻撃し、破壊し、死に至らしめるこういったことから、現在、て研究が進められているミトコンドリアの解明が新しい治療法につながる可能性があるとの観点に立っ活性酸素こそ老化の元凶活性酸素が、がんをはじめさまざまな病気や老化の発生に関係していることは、今日では一般の人にも広く知られるようになってきた。
そしてさらに、最近になって、実は活性酸素はテロメアの短縮も早めるとわかってきたのである活性酸素と老化の関係が注目されるようになったのは、エネルギー代謝が大きいほど寿命が短いという事実が明らかになってきたからである。食べすぎや運動のしすぎはエネルギー代謝を高め、酸素を余計に消費する分、活性酸素を過剰につくることになる。
体にとって必要な栄養素でも、とっては危険となる。
多すぎると害になるように、過剰な酸素は活性酸素をつくりやすく、細胞に培養した細胞を使った実験でも、酸素が多すぎると寿命が短くなることが確認されている。そしてそれは酸素によって、細胞の分裂のたびに短くなるテロメアの短縮が早められるからだと考えられている過剰な酸素が体に害をもたらすことは、重症患者や早産児に行なう酸素吸入による事故によって発見された保育器内の乳児に過剰に酸素を与えてしまったところ、乳児網膜症で失明してしまったのである。頭痛やのぼ

うつ状態に陥

症状を取りたいこのことがわかってきてからは、たとえば、肺機能が低下した患者に五〇パーセント以上の濃い酸素を吸入させることは禁止されているもうまく活性酸素にはスーパー·オキシド·ラジカルや過酸化水素などがあり、周りの物質を酸化させる働きが強い活性酸素は活動性に富んでいる酸素で、DNAの材料になっている核酸のほかにも、生命の担い手である蛋白質や脂質をも破壊するかくさ活性酸素は、細菌やウイルスなどの外敵に体が対抗する免疫の働きによっても生じる。
これらの外敵が体内に侵入すると、好中球やマクロファージなどの細胞が活性酸素を出して攻撃をする。そのとき、結果的に活性酸素が私たちの体の細胞を攻撃すると、傷口や歯肉が赤く腫れたり、胃炎になったりする肝臓で薬を代謝して解毒するときにも活性酸素が発生するし、ある種のホルモンをつくる酵素反応によっても発生する活性酸素は私たちが酸素を利用して生きている限り体の中でつくられ、体を守るために働いている。活性酸素はがんの原因になるが、がん細胞の抑制にも働いているのであるしかし、過剰につくられると、直接、遺伝子DNAを傷つけて細胞をがん化することがある。細胞膜をつくっている不飽和脂肪酸を酸化して過酸化脂質をつくり、これが活性酸素と同じように働いてDNAを傷つけることもある。
神経の難病など

ホルモン変動が大きい

病気になるとすぐに死んでしまいます。
細胞膜の中の蛋白質を酸化して細胞膜を変質させるいう悪さもする。細胞膜はいろいろな物質の出入りを調整しているが、その働きが失われてしまうのであるほうわ血液中のコレステロールのうち、LDL低比重リポ蛋白が活性酸素によって酸化すると、なる。すると、マクロファージがこれをどんどん食べて血管壁の中に入り込み、血管を狭くし、んでいくことになる。
酸化LDLに動脈硬化が進また、細胞の酵素が活性酸素によって酸化されると、代謝がうまくいかなくなって老化の原因になる糖尿病で血液中の血糖値が高い状態が続く場合や、ダウン症候群の場合にも、活性酸素が盛んにつくられるために寿命が短くなると考えられている長寿ということでは、老人性痴呆のうち、アルツハイマー病が健康な長寿を妨げる要因として立ち塞がっているが、アルツハイマー病の原因の一つとして、脳の酸化があると考えられている。
つまり、活性酸素は動脈硬化を促進し、脳の働きを低下させるのである活性酸素は、放射線の作用によっても生じる。放射線は太陽の光に含まれている。太陽の光には、人の目で見える可視光線と、見ることのできない紫外線や赤外線が混じっており、その中で紫外線は活性酸素を発生させ、がん発症の原因になる。また、よく知られていることであるが、レントゲン撮影も放射線を放出するこのほか、活性酸素はディーゼル·エンジンの排ガス、薬などによっても体内につくられる。
ストレス、喫煙、過剰な飲酒、農薬、食品添加物その活性酸素に対抗して、私たちの体ではスカベンジャーと呼ばれる掃除屋がつくられる。
ジャーの代表的なものにSOD(スーパー·オキシド·ディムスターゼ)という酵素があるが、もにSODはあまりつくられなくなり、その働きも弱くなってくるこのスカベン年をとるととそして結果的に体内に活性酸素が多くなり、がんを引き起こしたり老化を進めたりすることになるのであるアメリカ国立老化研究所のカトラー博士は、SODの働きと寿命の関係を調べた。

検査でわかる

ガン死亡は年々増加している!
寿命の異なる10種類以上の哺乳類について調べた結果、SODの働きが高い動物ほど、つまり、活性酸素を除去する働きが強い動ほにゆう物ほど長寿で、しかも、人間のSODの働きはほかの動物よりも高いことを突き止めた。
寿命は遺伝子に支配されている.人間を含め、あらゆる動物の寿命は遺伝子によって支配されているが、老化の過程はそれほど厳密に遺伝子によってプログラムされてはいないと現在の生命工学では考えられている。老化を解明する適当なモデルとして研究が進められてきたものに、遺伝性の早老症がある。早老症は、老化や寿命が遺伝子によって明らかにプログラムされているケースである。早老症をもたらす病気には、ダウン症候群、コケイン症、ウェルナー症候群などがある。
早老症では、若い年齢のときに老化の現象が現われ、寿命も比較的短い極端に老化が早く一般的に老化には個人差があるが、早老症のそれは一般的な老化とはまったく異なる。
ひどいケースでは子どものときから老化が現われ、小学生のうちに死に至ることもあるこれら早老症を引き起こす病気の中で、研究者たちから現在最も注目されているのが、ウェルナー症候群である。この病気は、全身の動脈硬化が進行し、さまざまな生活習慣病が現われ、平均寿命も五十歳程度であるしかも、ウェルナー症候群の人で老化とともに発症する病気や死因は、一般の人の場合と非常に似ている。白髪が目立ち始め、白内障が現われ、糖尿病や動脈硬化、骨粗鬆症が起こるのである。発症する年代が早くその点が違うだけである。ウェルナー症候群の人たちの死因を調べたある調査で、いちばん多かったのががんで、次が動脈硬化が原因の病気だった。がんで死亡した人たちの年齢は二十五歳から四十二歳だった。
はくないしょうウェルナー症候群を世界で最初に発表したのは、ドイツの眼科医ウェルナーで、一九〇四年のことだった。
彼は、若いのに白内障にかかり、強皮症を併発した患者が同一家系に四人もいることを報告した。

細胞は外界から遮断

心筋梗塞や脳梗塞にも起きています。
きょうひこの奇病を世界的に知らせたのは、前のページのレオナルド·ヘイフリック博士である老化のメカニズム
でも紹介した、アメリカの解剖学教授人の細胞は五〇回から六0回分裂を繰り返すと寿命が尽きることが実験で確認されているが、ヘイフリックは、ウェルナー症候群の患者の皮膚細胞では、その半分程度の細胞分裂をした時点で細胞が死んでしまうことを発見したこの研究によって、ウェルナー症候群の患者の早期老化の理由が、彼らの皮膚細胞の寿命が極端に短いことにあると解明された。ウェルナー症候群の人たちは、細胞の寿命が短いぶんだけ老化が早く進み、その結果若くして死に至ってしまうのである。
さらに、一九〇四年のウェルナーの発表から約九十年を経た一九九○年代になって、ウェルナー症候群の原因になっている遺伝子が発見され、研究者や学者たちに衝撃を与えることになった。わずか1つの遺伝子の突然変異によって、早期老化現象が起きるとわかったからである。ウェルナー症候群に共通していたのは、第八染色体にある遺伝子の突然変異だった。
一般的に、特定の病気の発症には多くの遺伝子が関係し、一つの遺伝子によって起きることは非常にめずらしい。ちなみに、ほかの早老症では、コケイン症候群では第二番目の染色体と第10番目の染色体に異常がぁる。
ウェルナー症候群は、たった一つの遺伝子の異常によって起こることから、希有なケースであり、研究者たちに衝撃とともに関心をもたらすことになっ老化を引き起こす遺伝子とは最近、よって、ヒトの胎児胚を培養した細胞と、ハムスターやマウスなどの動物の培養細胞との融合を行なうことに人の老化に関係する遺伝子が染色体のどの部分に存在するかの解明が進んできたこれまでの研究によって、老化遺伝子として、第一染色体、第二染色体、第六染色体、第七染色体、第一染色体が、さらに、遺伝子に突然変異をもたらす遺伝子としてクロトー遺伝子が発見されているこれらの遺伝子は、細胞の遺伝子に突然変異を起こさせ、老化を進め、死に至らしめるしかし、これら老化遺伝子が実際にどのように働いて細胞を老化させ、死に至らしめるか、現段階ではその具体的なメカニズムはほとんど解明されていない。

神経緊張状態にあ

これらの老化遺伝子をクローニング(細胞培養によって遺伝的に親と同じ個体を作り出すこと)して、DNAの塩基配列を調べ、このDNAからつくられる蛋白質の性格を解明すれば、この問題を解決する鍵が得られると考えられている細胞の自殺、アポトーシス細胞の遺伝子が傷ついたりして突然変異を起こすとどうなるのか。
自殺をするプログラムが備わっているのである実は、そういう変異を起こした細胞には細胞には、異常なDNA、RNA、蛋白質、脂質をチェックし、子レベルで備わっている。こうして体を正常に保っているのだが、それを修正したり排除したりする機構が分このようなチェック機構は細胞レベルでも働いている。
傷んで異常になった細胞はチェックされ、メカニズムが働いているのである修正されるか排除されるが、そのためにはいろいろなたとえば、がん細胞のような異常な細胞ができるのを抑えるために、細胞は特殊な自殺の機構を持っているDNAに異常が発見されると、まず、細胞分裂が抑えられ、増殖が抑えられる。その結果、うまく修復されれば、またもとの正常な細胞に戻り、普通の活動を続ける。
ところが、うまく修復できないこともある。これをそのままほうっておくと、がん細胞のような有害な細胞に変化するおそれがあるので、このような細胞はアポトーシスと呼ばれる、一種の自殺をするのである。アルツハイマー病やパーキンソン病では脳の神経細胞が減っているが、それは細胞のアポトーシスが原因という説もある。
前に触れたが、最近の研究で、細胞のアポトーシスにはミトコンドリアが決定的な役割を果たしていることが解明されてきた。細胞のアポトーシスが始まると、さまざまな酵素がミトコンドリアから飛び出してきて細胞を攻撃するのである細胞のアポトーシスが始まると、細胞のDNAがすみやかに断片化して、分解する。


神経の難病など 薬といえるでしょう。 アレルギー率

薬といえるでしょう。

アレルギー率

エストロゲンは破骨細胞の働きを抑える作用があるが、エストロゲンは卵胞で作られるため、閉経によって卵胞の機能が消失すると破骨細胞の働きが抑制されなくなり、骨量の減少が進むのであるせいそうちなみに男性で、女性の卵巣に相当する精巣睾丸では、テストステロンという男性ホルモンが分泌される。テストステロンも、それ自体が骨の減少を抑える上に、一部はエストロゲンに変化する。男性は八十歳くらいまで精巣の機能があるから、骨粗鬆症にはなりにくい。
また、エストロゲンは動脈硬化の防止にも関係している。血液中のコレステロールのうち、LDLが活性酸素によって酸化されると、酸化LDLになる。動脈硬化の発症にはコレステロールが関与しているが、エストロゲンには血液中のLDLの数値の上昇を抑え、LDLが血管壁に沈着するのをブロックする作用があるエストロゲンは、悪玉LDLコレステロールより善玉HDLコレステロールの比率を高め、また血管の柔軟性を高める働きがある。
閉経によってエストロゲンが分泌しなくなると、血液中のLDLの数値が上昇し、動脈硬化になりやすくなるというわけである実際、閉経前の女性には、コレステロールが関係する高脂血症や、それが原因の一つになって進む動脈硬化しんきんこうそくや、さらに動脈硬化が原因で起きる心筋梗塞、脳梗塞などの循環器系の病気は同年代の男性に比べてはるかに少ない。ところが、閉経後は男性と同じようにこれらの病気が発症するようになる。高脂血症にいたっては女性のほうが多いという統計もあるアメリカでは、五十歳以上の女性の死亡原因の約三〇パーセントは心臓疾患であるが、に三倍に増加するというデータもある。
その発症率は閉経後ふくじんせんエストロゲンは卵巣と副腎腺でつくられ、その生産と分泌は脳の視床下部によって調節されている。閉経を境にエストロゲンやプロゲステロンがつくられなくなるが、これを薬のかたちで服用し、補おうというのが女性ホルモン補充療法である。女性ホルモン補充療法は、悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げることが確認されている。その結果、冠状動脈疾患や脳卒中などの循環器系の予防に有効であることがわかっているんじょうもともとは更年期の症状をやわらげるための方法として開発されたが、現在では閉経後の病気や障害、を予防する目的でも使われ、むしろ、この目的のほうが中心になってきつつある老化閉経後、何年か経って骨量が減り、老人性膝関節症などの骨の変形性疾患などが起こってからではどういう治療を行なっても変形を元に戻すことはできない。症状が現

症状の改善率が話題になると思います。

薬を飲んだときそのため、そうならないための予防策として閉経前からホルモン補充療法を行なうことが勧められるようになってきたアメリカで生まれた当初のホルモン補充療法は、女性ホルモンのうちでも、合成の卵胞ホルモンエストロゲンを服用する方法が行なわれ、若返りの妙薬として広まった。ところが、乳がんを増やすおそれがあるという報告があってから、その是非は専門家の間で議論の的になった。一九七五年には、エストロゲンの服用によって子宮がんの危険性が一四倍にも高まるとの報告がなされ、それを境にこの療法はいっきに下火になっ一方、エストロゲンで乳がんの増加は認められない、との結果が報告された例もあった。事実、乳がん自体が増加傾向にあった病気であり、特定の事柄との因果関係を解明するのは難しかった。やがて、この問題は黄体ホルモンプロゲステロンを併用する方法が生まれて、一応の解決をみることになった。
現在では、卵胞ホルモンに加え、黄体ホルモンを合わせて服用する方法が一般的になっているこの併用療法によって、子宮頸がんはかえって抑制される。しかし、ホルモン刺激によって乳房が張ることから、それが刺激になって乳がん誘発の原因になるのではないかという見方もある。さらに卵巣がんについては、抑制、発生のどちらにも影響しないと見られているけれども、以前行なわれていたエストロゲン単独の服用に比べると、がん誘発のリスクがはるかに低いことは確かである。功罪を比較すればメリットのほうが大きいことからも、婦人科の専門医の間では、特に家系的に乳がんのリスクのない限りホルモン補充療法を受けたほうがよいと考えられているこの方法によって、女性ホルモンのバランスがとれ、更年期特有の症状が現われることなく、しかも若さを保つことができるからである。
検査することもあります。

免疫システムを整理してみましょう。

症状は乳房にできるしこりです。
ホルモン状態が正常にコントロールされることで、血中のコレステロールが!
がることもない。更年期障害のさまざまな症状、たとえば、ほてり、寝汗、膣の乾燥といった、閉経にともなう障害を抑えることは以前からわかっていた。また、アメリカで11万人の看護婦を対象に十年間調べた結果では、閉経後のエストロゲン投与で心臓病の発症が半分に抑えられたと報告されている女性ホルモン補充療法はシミ·シワ予防にも効く前述したように、女性ホルモン補充療法の主たる目的やメリットは、更年期障害の症状緩和ではなく、閉経後の健康や若さを維持することにある。閉経後の若さ、健康は、すでにわが国の女性の平均寿命が八十四歳を超えた長寿社会にある今、重要なテーマであるまた、骨粗鬆症は、この節のはじめに述べたように、閉経とともに急速に進んでくる。骨からカルシウムが脱灰し、骨がスカスカになり、家の中で転んだだけで骨折する場合もある。七十歳以上の二五パーセントに圧迫骨折があるとも報告されている。

女性ホルモン補充療法は骨粗鬆症の予防にも有効で、ント減らすことができるといわれている閉経時に服用を開始すると、腰骨の骨折を五〇パーセもちろん、動脈硬化も骨粗鬆症も、閉経後の女性すべてに見られるわけではないが、に進行する人は、女性ホルモンが分泌しなくなったことの影響が大きいと思われるし、遺伝的体質が関係しているとも考えられている閉経後にそれらが急速さらに、その背景にはエストロゲンにはまた、皮膚の老化を抑制し、皮膚の柔軟性を高める効果もある皮膚は表皮、真皮、皮下組織から形成されている。

医師もいるこのよう

治療効果を左右します
エストロゲンは、肌のみずみずしさに関係する皮膚のひょうひコラーゲンとヒアルロン酸を保つ働きがある本来、皮膚にはコラーゲンと、弾力組織であるエラスチン、さらに水分がある。それが四十歳を過ぎる頃からコラーゲンの量が減り始め、閉経を過ぎると急速に減ってくる。表皮も薄くなるため、水分は失われ、カサカサし、シワも増えることになる。つまり、皮膚の新陳代謝が衰えてくる。年をとると顔にシミができてくるが、それは皮膚の新陳代謝が低下してくるためである。シミのもとになるのはメラニンという色素で、メラノサイトという細胞でつくられる。メラニンは、真皮の中にある組織が紫外線などによって破壊されないようにするためのバリアの役目を果たしているんちんたいしゃメラノサイトは皮膚の基底層にあり、つくられたメラニンは、周りの細胞基底細胞に取り込まれ、細胞分裂を繰り返しながら上層に向かい、角質細胞になる。
古くなった角質細胞は垢となって剥がれ落ちる。若い頃は約二十八日の周期で皮膚の新陳代謝が繰り返されるが、肌の回復力が低下すると角質細胞がいっまでも剥がれ落ちずに残り、これがシミとなるわけだ。
閉経を境にエストロゲンの分泌が減少することで、女性の肌から女性らしいみずみずしさが失われていくがホルモン補充療法で補うことで、肌にうるおいやみずみずしさ、若さが保たれる。エストロゲンは、エネルギー代謝を高め、エネルギーのレベルを上げて、皮膚のシワやシミをなくすなど、若々しい外観を取り戻してくれる。また、体内でビタミンEやベータ·カロチンのように老廃物を取り除く働きをするこのように、女性ホルモン補充療法は体の中から若さを保ち、閉経後にも美と健康をもたらしてくれる。

病気になる

症状を和らげてくれる働きをします
もう一つ、若さを保つには、脳の若さの維持も重要であるが、エストロゲンは脳の若さの維持にも効果があるということがわかっている。
一九九九年四月にも、女性ホルモンのエストロゲンが閉経後の女性の脳の老化防止によい影響を及ぼすという研究報告が、米国医師会報に発表されたUSA.TODAY紙によると、この研究は、エール大学の主任研究員、サリー·シェイッツ氏のグルプが発表したもので、四六人の女性に簡単な記憶力テストを行ない、高性能の磁気共鳴診断装置MRIで脳の働きを調べたその結果、平均五十一歳の女性では、エストロゲンを投与されたグループと、偽薬を投与されたグループとの間で、脳の血液の流れに明らかな違いが見られた。エストロゲンを投与された女性の脳は、同様の記憶力テストを受けた若い人の脳と変わらない働きを見せたというのである。
エストロゲンは、アルツハイマー型痴呆の患者の精神活動を高めることや、有効であると、ほかの研究家によっても報告されている。
アルツハイマー型痴呆の予防に南カリフォルニア大学で行なわれた三000人を対象にした調査では、長期間エストロゲンを使用した女性では、使用しない女性よりもアルツハイマー病の発症が四0パーセント少ないと報告されている米国医師会報の記事で、シェイッツ研究員は、「これはすばらしい発見といえる。成熟した大人の脳の働きをまだ変えられるということだから。
今回の研究は、年齢とともに低下する思考力や記憶力を維持させたり回復させたりする研究の第一歩になる」と語っていたジ氏も、「エストロゲンに脳の老化を遅らせる効果や、ワシントン大学医学部研究員、スタンリー·ルツハイマー病を予防する可能性があることを公表すべきだ」
アと述べているわが国でも、アルツハイマー病の女性にエストロゲンを投与する治療も一部で行なわれている。軽度の患者では一時的に症状が改善したり、悪化しなかったりする効果はあるが、年単位で見ていくと、やはり多くのケースで進行してくる。予防としての効果は期待できるだろうが、治療となると難しいようである。ちなみにわが国の研究で、女性ホルモン補充療法は、脳の血流量を増やすことや、アルツハイマー病の危険因子と考えられるアポリポ蛋白の血中濃度の上昇を抑える働きなどがあることが確認されている繰り返すが、女性ホルモン補充療法の意義は、ホルモンのバランスを整えて老化を遅らせることにある。

細胞が特殊化してできています。

年齢的には四十代前半から開始し、十五二十年続けるとよいと考えられている。問題は、一人ひとりが長期間継続して行なえるかどうかにある。わが国ではケースが多い11年は続けても、結局、その後はやめてしまうというアメリカでは一九八二年から一九九二年までの約十年間にエストロゲンを服用する女性の数は倍になり、在では、閉経後の女性のほぼ四分の一がエストロゲンを服用しているといわれている現成長ホルモン療法が脂肪を減らし筋肉を増やす。私たちの体にはさまざまの種類のホルモンがあり、成長や代謝に関係している。
それらのホルモンは、年とともに総体的に分泌が低下し、老化の促進にひと役買っている。
実は、ホルモンの低下が遺伝子DNAのテロメアの短縮に関係しているのではないか、という新しい説がぁる総合ホルモン補充療法を行なっているアメリカのPSLE!
研究所所長のエドムンド·チェイン博士の著書『抗酸化への最先端医療法死と老いへの挑戦』コスモスによれば、ある種のホルモンを補充することによってテロメラーゼの働きを促進することは、同博士たちの研究によって明らかになっている、と書かれているこのある種のホルモン
とは、成長ホルモンのことで、同著では次のように述べられている成長ホルモンがもっとも多くのホルモンを刺激することも知られています。
その相互関係は十分に解明されていませんでしたが、アルバニー医科大学ニューヨークでは、テロメラーゼがホルモンに依存することが議論の余地がないほどに証明されました。
この研究はヒトの子宮内膜細胞を用いてテロメラーゼとホルモンの相互関係について調べたものですが閉経前の女性の正常な子宮内膜組織の100パーセントに強いテロメラーゼ活性が示され、閉経後の女性の正常組織の100パーセントは弱い活性しか示しませんでした要約同書ではまた、こうも述べられている。


検査することもあります。 アレルギー率 症状不正出血があ

薬には功罪あるのです

薬が著効を発揮しなければ実現できるものではありません。

うつになっているのです。
アレルギー性鼻炎

また、男性ホルモンと女性ホルモンのもとになるDHEAという物質の分泌も二十歳頃を境に落ちていく。
このように、ホルモンの分泌の低下によって、末梢の細胞の機能が低下していく。そして、生活環境や生活習慣ライフ·スタイルによってその機能が落ちる速度を遅くしているような人では老化が遅らせられているであろうし、逆の場合では老化を早めていると考えられる私たちの体ではこのようにさまざまな種類のホルモンが分泌されているが、総体的に年をとるとともに分泌は低下し、体全体のホルモン·バランスが崩れてくる。そのことが老化ともいえるさらには、内分泌系は、神経系とも関係が深く、お互いに影響し合う。狭義のホルモンは内分泌系統を指す。が、今日では、神経系や免疫系も含めて広義のホルモンと解釈する考え方が生まれてきた。
ホメオスタシスの機構に免疫系を加える考え方があるのもこのためであるこれらホメオスタシスの機構のうち、神経系では神経伝達物質が重要な働きをしている。神経伝達物質はストレスや病気などの内外の変化を体が受けたとき、その情報を神経細胞から神経細胞へと素早く伝える物質のことである。最近は脳の研究が進み、脳内にたくさんの神経伝達物質が発見されてきた免疫系は、免疫のシステムの一環として働く免疫物質のことで、インターフェロンがある。
免疫細胞から分泌される。
代表的なものにこれら三つの系統はそれぞれ独立して働くものと考えられていたが、現在では、ホメオスタシスの従来は、情報伝達のために相互に働き、ンスが崩れることによっても、影響し合うことがわかってきた。これらのシステムの働きが低下した体調を崩したり、病気にかかりやすくなったり、老化が進むことになるフ生活習慣の改善で老化は遅らせられるでは、老化は具体的に体にどう現われてくるのか。いくつか例を挙げてみよう。まず、血管。年をとると起こしやすい病気に、血管の老化といわれる動脈硬化がある。
症状不正出血があ

医学レベル

これは動脈の壁が厚くなることによって起きるがなぜ厚くなるのだろうか体には、どこかが傷つくと自ら修復しようとする働きがある。たとえば、がん細胞というのは、細胞の中にあってその細胞の働きがプログラミングされているDNAが傷つくことによって細胞が突然変異を起こしたものであるが、このDNAの傷も平常では自ら補修されている。つまり、体は自ら補修を繰り返しながら生きているのである血管もまた同じで、血管は血流によって常に少しずつ傷ついている。これも自動的に補修されるが、その補修を繰り返すうちに血管壁が少しずつ厚くなっていくのである。つまり、補修を繰り返すうちに体は少しずつ変化していくこの変化が老化の一つでもある。そして、この補修の能力も年をとるにつれて落ちていき、かるようになる。高齢者の手術後の回復が若いときに比べて遅いのは、そのためである補修に時間がか老化は形態にも現われ、厚生省の調査でも、男女ともに四十歳以後、身長、体重がともに減っている。こうした退縮は臓器や細胞にもみられる。年をとると、ゆるやかではあるが、一般的に各臓器や器官は重量が減っていく。その程度は臓器によって異なり、肝臟、脾臓、腎臓などは減少の度合いが高く、脳は低い。
また、例外として心臓は年をとると重くなるが、これは動脈硬化と高血圧が原因で心臓のポンプ作用に負担が増す結果心臓が肥大するからである。
ひぞうじんぞうまた、老化は細胞の数が減ることでもある。脳の細胞は分裂、再生しないので、年をとるにつれて脳では神経物質を受け取る神経細胞の受容体(レセプター。外界からの刺激をキャッチする窓口)が少なくなってくる。すると、神経が伝えようとしていることが十分に伝達されなくなる。そのため、記憶力が減退したり反応が遅くなるなどの現象が起きてくる。
年をとると、体が保持している水分も減る。体重の約六割は水とはよくいわれるが、それは若いうちのこと。生まれたての赤ちゃんの頃には六割もあった水分は、高齢になると五割近くに減ってくる。その意味では、老化は体が乾燥していく過程だともいえる。
て皮下組織が萎縮することにある。

薬物療法や膣内挿入器具によって尿失禁の抑制

年をとってシワができる原因の一つは、細胞内の体液が減っこのほか、たとえば呼吸器系では、肺活量と呼吸する力がかなり低下していき、つくる能力や精力が低下し、女性は更年期を迎え、女性ホルモンの分泌が衰える生殖器系では男性は精子をこうねんきこのように老化は全身に現われるが、老化は体の一部分で進むのか、それとも全身的に進むのかという疑問がある。どの臓器から老化が始まるということはわかっていないし、人によって老化が始まる臓器、器官は異なる。注意したいのは、ある特定の部分や臓器、器官の老化が始まると、それが他の臓器·器官に影響し、他の部分や臓器、器官も老化が始まったり、老化が進んだりするということである。だから、あなたに白髪、インポテンスなどの兆候が現われたら、それらを老化のサインと受けとめ、全身の老化を意識し、対策を講じることが求められるだろうまた、老化が現われる年齢は人によってさまざまであることは、周囲の人を見ていれば明白である。

も遺伝的要素はあるが、それよりも生活習慣が大きく影響していると考えられているこれに老化にともなう病気の多くを、厚生省は生活習慣病と定義している。たとえば、高血圧、糖尿病、冠状動脈疾患、脳卒中などは、遺伝的素因も関係しているが、その発症には生活習慣の影響が大きい。だから、遺伝的要素を持つ人であっても、生活習慣によって発症や進行を遅らせることができる、と考えられている。その意味では、生活習慣病という名称は妥当であろう女性の更年期と閉経、男性の更年期女性の更年期と閉経は、老化が明確な区切りとして出現する代表的な例の一つである。
的な変化を示す臓器の一つが卵巣である老化の指標として劇らんそうらんほう卵巣は卵細胞をたくわえ、成熟させる器官であるとともに、卵胞ホルモンエストロゲンや黄体ホルモンプロゲステロンなどの女性ホルモンを分泌する内分泌腺でもある。卵巣は、男子の睾丸と同じように、少女期まではまったく発達しない。しかし、思春期に入って、脳下垂体が性腺刺激ホルモンを分泌し始めると変化が起きてくる。卵胞刺激ホルモンの働きかけによって、卵巣の中の卵胞が卵胞ホルモンを分泌するようになるのである脳下垂体から分泌される黄体形成ホルモンの刺激を受けて、卵巣の黄体から黄体ホルモンが分泌されこれによって卵巣が成長して、卵胞で卵子を育てて、放出できるようになる。
医者さんにご相談ください

薬になっていくものと思われます。

こうして生殖年齢に入また、始める。
ところが、やがて四十五歳から五十歳あたりで閉経を迎え、排卵が停止すると、卵胞は見当たらなくなるそれと同時にエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が極端に低下してくる。こうして更年期を迎えることになる女性は、性成熟期の終わり頃、つまり三十五四十歳頃から性機能が次第に低下し、四十四十五歳頃からの多くの女性では月経周期が不規則となり、月経血量の減少、無排卵、黄体期の短縮など卵巣機能が衰退し月経の終わりが訪れる最後の月経から1年以上月経がないことを閉経といい、閉経をはさんだ約十年間を更年期という更年期は、卵子の数が少なくなり、それにともなって卵巣の機能が低下することから始まる。
ピーク時には約1100万個もあった卵子が、更年期に入る頃には数百個まで減る。
閉経前後の更年期では、ホルモン分泌の変化に体が対応しようとして、その結果、更年期障害と呼ばれるさまざまな全身的症状が現われる。そして閉経後は、性器は萎縮し、全身の老化現象が現われてくる。その代表的なものが骨粗鬆症であり、また、動脈硬化も進みやすくなる。閉経を境に老化がくっきりと現われ始め女性は老化の訪れを実感し、意識するようになるしょうしょ実際、更年期以後、さまざまな変化や病気が現われるようになる。骨粗鬆症は、閉経にともなうエストロゲンの分泌低下によって進むことがわかっている。エストロゲンは、骨からのカルシウムの脱灰奪われることを防ぐ働きをしている。また、高脂血症や、それによってもたらされる動脈硬化、さらに動脈硬化が原因で起きる心筋梗塞や脳梗塞などの循環器系の病気は、閉経前の年代では圧倒的に男性に多いが、閉経後では女性に急激に増えてきて、発症率は男性と変わらなくなってくる。
こうしけっしょう一方、男性は女性の更年期ほどの明確な区切りはないものの、中年以降では精力が明らかに弱くなり、白髪など老化の兆候が現われてくる。

治療をせず
うつが長期化している人

免疫力が低下して

遺伝性の白内障男性については、男性更年期という言葉もあり、気力が低下し、うつ傾向を示すケースも増えてくるじゅんかんきけいさらには、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの循環器系の病気など、生活習慣病といわれる病気が現われるのも女性より早い。この男性更年期といわれる症状や、さらには中高年からの生活習慣病の発症にも、男性ホルモンの分泌低下が影響している面があると考えられている男性ホルモンのテストステロンの分泌は十八歳くらいがピークであるが、それ以後も急激に下がるわけではなく、一般的に五十歳を過ぎてから徐々に下がっていく。ところが、これには個人差があって、六十五歳から七十歳くらいまでは若い人とさほど差がないというケースもある。

日本人に長寿者が多い理由個体レベルのほかに、生命工学の進歩によって、臓器や器官のレベル、細胞レベルでの老化や死のメカニズムの解明が急速に進んできて、老化はさらには細胞のレベルに分けて考えることができる近年、生命や寿命の本質に迫ろうとしている。
細胞はなぜ死ぬのだろうか細胞は、遺伝子DNAのある核と細胞質に分けられ、細胞質の中には、ミトコンドリアをはじめとするいろいろな細胞小器官が存在するこのミトコンドリアが老化において非常に重要な役割を持っていることがわかってきた。ミトコンドリアでは、体で消費するエネルギーのもとになるATPがつくられるが、その過程でスのような活性酸素がつくられる。活性酸素は、DNAや蛋白質脂肪などの分子を酸化して、それらの老化を引き起こす。
神経の難病など

治療の状況

  • オキシド·ラジカル
  • この活性酸素が体内に大量に発生すると、ミトコンドリア自身の分子が損傷を受けることがわかっている活性酸素はミトコンドリアでつくられるが、ミトコンドリア自身、活性酸素によって傷つけられるというわけである体が老化するにつれて、ミトコンドリアに発生する活性酸素の量も増えることがわかっている。ミトコンドリアは、活性酸素によって傷つけば傷つくほど、さらに活性酸素をたくさんつくるようになり、悪循環に陥ることになる。ただし、ミトコンドリア自身に、傷を修復する働きがあることもわかっている財団法人岐阜県バイオ国際研究所の田中優嗣遺伝子治療研究副部長は、ミトコンドリア遺伝子を持っている人が多い
    と、一九九八年一月に発表している。

    日本人には長寿を実現させる型の口の中のミトコンドリア遺伝子を取って調べてみると、遺伝情報のある一万六五六九個のアミノ酸配列のうち、五一七八番のアミノ酸がアデニンである型のA型の人と、シトシンであるC型の人とがいるこの型と長寿や生活習慣病との関係を探るため、田中氏は、一般献血者と百歳以上の高齢者、大学病院の入院患者四十五歳以上を対象に、それぞれ、どの型が多いかを調べた。その結果は、A型が、一般献血者では四五パーセント、百歳以上の高齢者では六二パーセント、大学病院の入院患者では三九パーセントを占めていた。つまり、長寿の人にA型が多く、体調のよくない人入院患者ではA型が少なく、普通の人一般献血者ではA型とC型が約半々という結果が得られたのだった。
    この結果から、ミトコンドリア遺伝子がA型の人は病気になりにくく、長生きすると推測できる。